乳酸菌 腸

乳酸菌で腸内環境をきれいにする効果

腸内環境

腸内環境と体の健康はとても大きな関係があります。
腸内がきれいに保たれていれば、様々な病気のリスクを抑えることができます

 

毎日健康な生活を送るために、乳酸菌をしっかり摂って
腸内環境を良好に保ちましょう。

 

そのためにはまず食事のメニューに気を配っていきましょう。

 

ポイントは悪玉菌を抑え善玉菌が生き生きと活躍できる環境をつくることです。
すなわち、善玉菌のエサになるものをたくさん摂ればいいわけです。

 

善玉菌を増やすなら、乳酸菌たっぷりの発酵食品や食物繊維の多い食材を摂りましょう。
ヨーグルトや味噌、納豆などが発酵食品で摂りやすい食材たちですね。食物繊維を摂るなら、
野菜や果物を積極的に摂りましょう。逆に悪玉菌のエサになるものは極力控えるようにしましょう。

 

油分や脂肪分、たんぱく質、穀物類などがそれにあたります。かといってエネルギー源を
摂らないわけにはいきませんから、インスタント食品などを控えるようにしましょう。

 

食事以外で気をつけたいのは、運動不足です。運動が不足すると腸の動きが弱まりますし、
腸を動かす筋肉も弱まってしまいます。

 

新陳代謝も低下しますので、程よい運動は続けていきたいですね。
その他、意外に知られていませんが抗生剤の使いすぎも善玉菌にはよくありません。
病気の治療に活躍する薬ですが、何事にも限度があるということです。腸内環境を
保つにはこのような点に気をつけていきましょう。乳酸菌はとてもすごい力を持っていますが、
乳酸菌を生かすことができるのは私たち次第です。生活から見直していくようにしましょう。