乳酸菌 下痢

乳酸菌は下痢にも効果的

乳酸菌で腸内環境を整える、というコマーシャルなどをよく見かけますね。なんとなく便秘解消のイメージが強いですが、
もちろん下痢にも効果があります。

 

下痢は冷たいものを食べ過ぎたり食あたりなどで起こりますね。ストレスでも下痢になったりします。
ストレスが原因になるのは、腸内環境の悪化を招くからです。

 

腸内環境の悪化した腸内は悪玉菌でいっぱいです。悪玉菌が増えてしまうと、腸は本来の働きができなくなってしまいます。
働きが低下した腸で下痢が起これば、栄養はほとんど吸収できなくなってしまいます。最悪の場合、脱水症状まで引き起こすことになります。
悪玉菌の増加が原因の下痢なら、乳酸菌をとることで改善することができます。善玉菌を増やしてバランスを整えてあげればいいのです。

 

乳酸菌は腸内を酸性に保つ働きがあります。これは乳酸の効果によるもので、酸性に保たれた腸内では悪玉菌は増えることができません。善玉菌が快適に活動できる環境を作ることで下痢も快方に向かいますよ。

 

また、下痢の時は水分が通常より多く流れていってしまいます。しっかりと水分補給を行ってください。脱水症状になるとけいれんを引き起こしたり、意識混濁や脳梗塞などの重度の症状になる可能性もあります。水分補給の際は乳酸菌飲料を飲んでもいいでしょう。

 

普段の生活から下痢にならないように気をつけること、腸内環境の維持に気をつけることは大切です。丈夫で病気に負けない健康な腸を作っていきましょう。