乳酸菌 肌荒れ

治らないニキビの意外な原因

ニキビの原因というとアクネ菌や洗顔の不足、乾燥による肌のバリア機能の低下、
疲労やストレスなどなど様々な原因がありますね。

 

特にニキビが続くと洗顔に意識を向けてしまう人が多いようです。

 

実はなかなか治らないニキビの原因は、便秘であることが多いのです。
体の中の毒素がなくならない限り、ニキビはいつまでたっても出てきてしまいます。

 

ニキビを直したいならまず腸内環境の改善と便秘の克服です。そのために乳酸菌は
とても大きな力になってくれます。

 

腸内で悪玉菌が増えると、毒素が充満します
腸で吸収された毒素は血液にのって体中にまわってしまいます。

 

肌から出ているニキビは毒素のかたまりだといえますね。

 

また、便秘になると代謝がおち、肌の新陳代謝が低下してしまいます。
すると新しい肌に生まれ変わるペースが遅くなり、古い肌組織がどんどん残っていってしまいます。

 

これが肌荒れの原因になることもあるのです。便秘は早くやっつけてしまいましょう。

乳酸菌の整腸効果と免疫力アップ

乳酸菌は整腸作用があります。乳酸菌の多い発酵食品などを多めに摂り、他にも食物繊維や
水分をしっかり補給するようにしましょう。

 

腸の動きが鈍くなっている恐れがありますので、運動を取り入れると効果が上がります。
ウォーキングやなわとび、腹筋運動など出来るものをやってみましょう。

 

不規則な生活をしていると、便が出るタイミングがバラバラになりますので生活を
正すことから始めましょう。

 

美肌を目指すならまずは体内から変えていく必要があるといえますね。