乳酸菌 腸

乳酸菌について知ろう

抗菌作用

乳酸菌という言葉は知っていても実際にどのような働きをするのかご存知でしょうか。
実に色々な働きで私たちの体の健康を維持してくれているとてもありがたい存在なのです。

 

まずは数ある働きの代名詞ともいえるのが「整腸作用」です。健康で正常な腸を保ち、
ビタミンB群の生成などにも携わっています。

 

腸が不健康になると、まず栄養の吸収が滞ってしまいます。どれだけ栄養のあるものを食べても、腸が吸収できなければ意味がありませんね。

 

また、乳酸菌には抗菌作用があることがわかっています。腸の中を酸性に保つことで
様々な病原菌や悪玉菌の増殖を防いでくれる
のです。

 

悪玉菌が増えると、腸内にアンモニアや硫化水素がたくさん発生します。腸は栄養だけでなく
悪いものも全て吸収しますから、毒素が体中に回ることになります。

 

乳酸菌が悪玉菌を抑えてくれることは、イコール健康に繋がるといっても過言ではないのですね。
他の大きな働きとしては、抗がん作用があることがわかっています。

 

大腸がんの抑制に大きな効果があるとされています。腸内環境が悪くなれば他の部位のがんも
発症率が高くなりますので、働きの大きさがわかりますね。

 

乳酸菌は、腸の中を活発に活動させる働きもありますので、
腸の老化を防ぐこともできます。

 

体の健康にとっては欠かせないものだといえるのです。

 

腸内の乳酸菌の数を維持できるように、私たちに出来ることはたくさんあります。
食生活や睡眠など、まずは日々の生活から見直していきましょう。